1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parisその2

引き続きパリっす。

DSC_0898.jpg
パリでチャリ乗り的に気になっていたのが↑コチラの貸し自転車システム「ベリブ(Velib’)」
世界で一番成功しているレンタルサイクルらしく、街中にあるステーションにてセルフでレンタルと返却を行います。
ステーションは市内に1500箇所とかなり多く、中心地だったらちょっと探せばすぐ見つかります(300mおきにあるそうです)。

このシステムの優れているのは、何処のステーションで返却しても良いという事。
という訳で東駅周辺から南の方まで無計画に行ってみる事に・・・

DSC_0901.jpg
自転車のタイプはいわゆるママチャリ。カゴまでついてる完璧なママチャリ。
しかも20kgはあるかという超ヘビー級。
でもそれが意外とよく走るんですよねー
不思議。

一番の懸念は交通ルール。
前日にタクシーの超荒い運転を体験していたのでかなりビビッていたのですが、他の自転車に付いて様子をみる事で案外早く慣れることができました。

DSC_0904.jpg
とにかくポイントは「自転車マークのある所しか走らない」という事でしょうか。
上の写真の右下にマークが見えますが、こんな感じで道路にはほぼ必ず自転車走行可能のマークが付いています。
さすがツールの国。
かなり親切です。
(市内でロードに乗ってる人をひとりも見かけなかったけど・・・)

DSC_0919.jpg
上の写真の場合はなんと一車線丸々自転車(&バス)専用レーンです。
このあたりはパリのかなり中心なのですが、贅沢ですねぇ・・・
日本じゃ考えられない。

なんでも、あまりにも市内が車で溢れてしまったので、逆に渋滞を更に酷くする事で、市内に車で来ることを諦めさせようとしてるのだとか・・・
ベリブもその施策の一環らしいです。
なんつうか豪快な施策ですね。

DSC_0908.jpg
セーヌ川付近の建物。
ベリブを使う事で実にまったり、それでいて色々な所をじっくり見ることができます。

DSC_0917.jpg
あと基本ルールとして歩道は走っちゃ駄目です。
容赦なく罰金取られます。
日本も自転車の信号無視とか逆走無灯火とか罰金刑にしたらいいのになぁ・・・

DSC_0911.jpg
ステキ建物を見ながらのんびりポタリング。
7月だってのに自転車のってて殆ど汗をかかない超快適な気候。
自転車乗りにとっては天国のようです。
今東京で自転車1時間乗ったら、汗がとんでもない量出ますよ。

DSC_0912.jpg
パリ市内の南の方、モンパルナス近く、ダンフェール・ロシュロー駅の入り口。
東駅から観光しつつ、少し迷いつつ、一時間掛からないくらいで着きました。
パリ市内はとても狭いのでベリブで一日かければほぼ回る事ができると思います。

自転車(で車道を走るのに)慣れてない人には少しハードルが高いかもしれませんが、ベリブを使ったパリ観光、超オススメですよー

« Previous Page

つぶやき

    follow me on Twitter

    プロフィール

    チョムチョム

    Author:チョムチョム
    廃墟とかイラストとか自転車とかドールとか雑多な趣味を持つ永遠の中学生。

    リンクフリー、超フリー。

    ●メアド
    chomchom○etude.ocn.ne.jp
    ○=@
    ●mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=49209
    ↑放置気味。写真とか置いてます。
    ●pixiv
    チョム男で検索すると出てくるかと

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。