1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土倉への道

DSC03629.jpg
あたい、木ノ本桜!小学4年生!

という訳でやってきました滋賀県はJR木ノ本駅。

毎度、帰省に合わせて関西の廃墟に無理やり行くのが通例なのですが、今回は滋賀県の土倉鉱山に行ってみることに。

DSC03630.jpg
旅のお供はパナソニック製三段変速マザーバイスクル(ママチャリ)。
レンタサイクルってやつです。

自転車持って行こうかと直前まで悩んでいたのですが、雨降りそうだったので、どうとでもなるように現地調達を選択しました。

目的地まで15km無いくらいなので余裕っしょ!とかこの時は思ってたんですが・・・

DSC04536.jpg
木ノ本駅から国道303に。
すぐに民家もまばらな山道に入ります。

土倉までは緩やか~な上り勾配の道が続くのですが、そこは20kgはあるママチャリ。
重くて漕いでも漕いでもぜーんぜん前に進みません。
体感速度10km/sくらい?

DSC04538.jpg
平地だったら重さもたいしたハンデにはならないのでしょうが、重量が20kgくらいあると少しの勾配も激坂に大変身!やったねいいトレーニングになるよ!
という前向きな気持ちには全くならず、常にいつ引き返そうかな?という事で頭の中がいっぱいです(制限時間もあったので・・・)。

DSC04541.jpg
ドラちゃんに元気づけられる。
負けへんで、アタイ負けへんで。

DSC04540.jpg
途中の集落で地図発見。
思いっきり土倉鉱山跡って書いてますやん。もしかして観光地?
これを見るともうちょっとって気がしなくもない。

DSC04627.jpg
お地蔵さんと風情のある石橋。
こんな風景を楽しむ余裕もなし。

DSC04544.jpg
金居原に到着。
こちらが土倉直前の集落というのは事前に調べて知っていた。
なんとか行けるか・・・

DSC04543.jpg
ここにも地図が。
絵がなんかかわいい。
やっぱり土倉鉱山跡ってはっきり書いている。
まさかの観光廃鉱山か!

DSC04610.jpg
激坂をヒィヒィいいながら登ると旧道への側道が見えてきました。
ちゃんと土倉鉱山跡→って書いている親切設計。
かってこんなに自己主張のある廃鉱山があっただろうか・・・

DSC04547.jpg
バイパスの下を通って・・・

DSC04548.jpg
八草峠への峠道の途中でダートの道に入ると・・・

DSC04550.jpg
着きました「土倉鉱山」!!!
やったー!
めちゃしんどかっただけに感動もひとしお。

しかしこの時点で1時間後には電車が出るというリミットが・・・
帰る時間考えたら全然時間ねぇーーー


つづく

スポンサーサイト

「土倉への道 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「土倉への道 」へのトラックバック

http://flarestack.blog99.fc2.com/tb.php/161-256006c0

つぶやき

    follow me on Twitter

    プロフィール

    チョムチョム

    Author:チョムチョム
    廃墟とかイラストとか自転車とかドールとか雑多な趣味を持つ永遠の中学生。

    リンクフリー、超フリー。

    ●メアド
    chomchom○etude.ocn.ne.jp
    ○=@
    ●mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=49209
    ↑放置気味。写真とか置いてます。
    ●pixiv
    チョム男で検索すると出てくるかと

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。