1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉“青い花”ポタリング3

鎌倉“青い花”聖地巡礼ポタリングその3!

二回くらいで終わらそうとおもってたんですが、まさかの三回目。
そんなたいしたもんじゃないんですけどね

DSC_1522.jpg
鎌倉文学館を後に、再び県道311号にもどり長谷駅方面へ。

DSC_1535.jpg
少し細い路地に入っていくと、江ノ電通学の風景としてアニメ内で使われた御霊神社があります。

DSC_1532q.jpg
神社の脇にはトンネルが。
ここも劇中で使われていましたね。
しかしイラつくくらい、絵になる風景が多い町です。
こりゃ色んな作品で舞台として登場しますよ。
なんか絵に描いたような景色ばかりですもん。
卑怯だ!

再び道路にもどりお墓脇の坂をエッチラオッチラ登ります。
坂を登った所で、自転車を止め更に階段を登ると成就院。

DSC_1539.jpg
杉本“IKEMEN”先輩のとっておきの場所として、ふみとのデートシーンで使われた場所ですね~

写真の技術が無いのでショボイ写真ですが、ここはかなり絶景ポイント。
ただ、劇中でも言ってましたが、紫陽花の季節になると人の頭を見に来たという状況になるそーです。
ちなみにエルフェンリートってアニメでもここは使われていました。
下の墓場で墓石を切りまくっていた記憶が・・・

さてさて。
自転車の場所に戻ってそのまま道路を進むとなにやら見覚えのある橋が・・・

DSC_1555.jpg
ここも江ノ電通学の風景で良く使われていますね~
御霊神社脇のトンネルの出口になります。

DSC_1557.jpg
橋の脇には3話のデートでふみと杉本先輩がお茶を飲んでいた地蔵堂が。
「付き合ってた人居た?」とはここでの先輩のセリフですが、結局その問いには答えていないんですよね。ふみは。
これが後の破局時の複線になるわけですが、このあたり脚本上手いな~って思います。
なんか上から目線ですね。すいません。

DSC_1560.jpg
しかし9月中旬というのに凄い暑かった・・・

DSC_1579.jpg
極楽寺の駅。
ここもデートの時に使われていました。
この駅は非常に小さな駅なんですが、風情があってとても素敵でした。
というか極楽寺周辺は素敵な風景が多くて良かったですね~
また遊びに行って、『青い花』抜きで散策したいです。

なお、この辺りは神社仏閣も多く知的な香りがしますが、この後、海に近づくにつれてIQがガタ落ちになって行きます。

DSC_1595.jpg
稲村ガ崎の駅からすぐの石橋。
ここも通学風景で使われています。

DSC_1598.jpg
橋から海の方を見た所。
この堤防も劇中で1カット使われていました。

DSC_1599q.jpg
海と江ノ島が見えてきました。
特に劇中に使われたカットではありませんが、何気に良い風景です。

この後は海沿いの国道134号を江ノ島方面に。
道が空いていれば最高に気持ち良いんだと思うんですが、休日という事もあってかなり込んでおり、お世辞にも気持ちいいとは言い難い状況でした。
この辺りに来ると先ほどの極楽寺辺りまで良く見た年配の観光客は殆ど居らず、変わりに日焼けした上半身裸のシティーサファー的な人々ばかりになってきます。

DSC_1600.jpg
そして最終目的地鎌倉高校前駅に到着!
ん、なんか藤ヶ谷駅とは全然雰囲気が違うな・・・

DSC_1601.jpg
正面側。
構造が全然違う~~~

実は藤ヶ谷駅は七里ガ浜と鎌倉高校前駅との間にある架空の駅だそうで。
最後はちょっとしょぼーんな感じで終了・・・

DSC_1603.jpg
その後は七里ガ浜まで戻り、後輩君宅に遊びに。
なんか凄い所に家があるなぁ・・・
こんな所で生まれ育ってバイクにらき☆すたステッカーを貼りまくるほどのガチオタになる後輩君は凄いと思う。

DSC_1581q.jpg

という訳で、青い花チャリンコ舞台めぐりはひとまず終了。
江ノ島方面や劇中よく出てて来た高台の公園など、まだ行きたい所はあるので近いうちにもう一回行くかも。

とりあえず今回の工程をグーグルマップに纏めました。
まだまだ不完全ですが同じような事をしようと考えている方は参考にしてみてください~


より大きな地図で 青い花 チャリンコ舞台探訪MAP1 を表示


しかしこれほど舞台探訪(聖地巡礼)したくなるアニメもなかなか珍しいです。
背景美術も凄いですし、キャラがそこに実在してそうという感じがなんとなくするんですよね~

あと、この作品は最終回の締め方も上手かった!
最後「初恋を覚えている?」という杉本先輩のセリフ、そして青い花というタイトルの意味が明確になる瞬間は全身に鳥肌が立つと同時にボロボロ泣いちゃいました(当方30歳オーバーの独身男性)。
これは脚本の勝利ですね~
この辺りの流れは私的には原作より良く感じました。

もちろんコンテも素晴らしいですし、カサヰ監督と高山さんとのタッグはまた是非見たいですね~
できれば青い花の二期で・・・

ではでは~
スポンサーサイト

「鎌倉“青い花”ポタリング3 」へのコメント

余計なお世話かもしれませんが、勘違いされたままではいけないと思うのでちょっと助言。

「青い花」の脚本は『高山文彦』さんという凄くベテランの方で『高山カツヒコ』さんとは別人です。

ちなみに文彦さんの代表作は「ガンダム0080」(監督)、「WXIII 機動警察パトレイバー【劇場版3】」(総監督)、ガンパレード・マーチ(監修・シリーズ構成) 等があり、カツヒコさんの方は「ef」シリーズ(シリーズ構成)を初めとするシャフト系を主に書かれてます。

お二人とも「シリーズ構成・脚本」以外の役職もやっちゃう面白い方達で、好きな作品に関連していることが多いので、私もよく間違います。

うわーーーー(汗
ご指摘ありがとうございます。

完全に勘違いしておりました・・・
恥ずかしいので一部文章削ったり。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「鎌倉“青い花”ポタリング3 」へのトラックバック

http://flarestack.blog99.fc2.com/tb.php/18-c09420a6

つぶやき

    follow me on Twitter

    プロフィール

    チョムチョム

    Author:チョムチョム
    廃墟とかイラストとか自転車とかドールとか雑多な趣味を持つ永遠の中学生。

    リンクフリー、超フリー。

    ●メアド
    chomchom○etude.ocn.ne.jp
    ○=@
    ●mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=49209
    ↑放置気味。写真とか置いてます。
    ●pixiv
    チョム男で検索すると出てくるかと

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。