1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷グランドセンター、番外編

大谷グランドセンターの近くには大谷資料館という地下施設があります。

DSC_3339.jpg
ここは元々大谷石の地下採掘場だった場所。
写真では判りにくいかと思いますが、恐ろしく巨大な地下空間が広がっております。
天井は高いところで20mはあるでしょうか。
とにかく荘厳。
そして超寒い。

DSC_3174.jpg
この辺り一帯には地上にも山肌を削るような採掘場(露天堀りによる採掘)が多く存在しますが、大谷石は深い地層にあるものなので、技術が確立されてからはこのような地下採掘場を伴う坑内掘りが主流になったそーです。

DSC_3391.jpg
今は採掘場としての役目を終え、大谷石の歴史資料館として、はたまた美術展やコンサートなどが開かれる多目的スペースとして活用されております。
ちなみにこの日は奥の立ち入り禁止スペースでビジュアル系バンドのPVが撮影されていました。
とても神秘的な所ですから使いやすいんでしょうね。

DSC_3352.jpg
DSC_3359.jpg
所々にアートなオブジェが・・・
ちなみにこれらの写真は人が居ない時を見計らって、三脚を使い開放時間長めで撮影しています。
結構観光客が絶えない場所なので、結構恥ずかしいです。
無論、ドールを出すブレイブハートは私にはありませんでした・・・

DSC_3361.jpg
こんな感じの部屋がいくつかあります。
他にもアップダウンがあったりと構造はかなり複雑ですね~
立ち入り禁止地域も相当広いそうなので、迷い込んだら本当に帰れなくなるかも・・・

DSC_3375.jpg
綺麗に切り取られています。
特殊なチェーンソーで切り出すらしく、一部の機材が入り口下に展示されていたりします。
人間ってすげーなーーーって思います。

DSC_3377.jpg
終戦間際は軍事工場としても使われていたようで、こんな所を工場代わりにしてたなんてよっぽど追い込まれていたんだなぁと実感。

DSC_3346.jpg
ここは08年に放映された『喰霊 -零-』ってアニメで戦いの舞台にもなったのですが、実はここに来た裏の理由はそれだったり・・・
外郭放水路や旧新橋駅、川崎の工場地帯、めがね橋とスタッフにスキモノが居るに違いないというステキなロケ地満載のアニメでした。

DSC_3405.jpg
帰りは宇都宮までバスで戻ります。
駅前にある某餃子屋前には大谷石で出来たとても危険な像が・・・
餃子はおいしかったですよ。

巨大廃墟、巨大観音像、巨大地下施設と、巨大マニアにはたまらない栃木の大谷エリア。
都内からだと案外楽に行けますので、日帰り旅行にオススメです。

大谷石05のコピー3
帰ってから速攻でこんなイラストを描いたり・・・
そういえばこの絵がpixiv初投稿。イラスト描くなんて5年振りくらいでした。

スポンサーサイト

「大谷グランドセンター、番外編 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「大谷グランドセンター、番外編 」へのトラックバック

http://flarestack.blog99.fc2.com/tb.php/41-1d581af5

つぶやき

    follow me on Twitter

    プロフィール

    Author:チョムチョム
    廃墟とかイラストとか自転車とかドールとか雑多な趣味を持つ永遠の中学生。

    リンクフリー、超フリー。

    ●メアド
    chomchom○etude.ocn.ne.jp
    ○=@
    ●mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=49209
    ↑放置気味。写真とか置いてます。
    ●pixiv
    チョム男で検索すると出てくるかと

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。