1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルモードインターナショナル2011その3

もう大阪も終わってしまったよ、サイクルモード。

DSC05236.jpg
今回一番興奮したのがシマノブースにあったコンポーネントの歴史コーナー。
それぞれ歴史を追ってコンポの紹介をしているのですが、ご丁寧に当時の名車を使っているのですよ。
それがどうにも私好みのモノばかりてエレクチオンしまくり。

DSC05242.jpg
ロッシン!!
カラーリングがシブい!
かっこいいなーとかひとりごとをブツブツつぶやきながら写真を撮りまくるオッサンがそこに居た。

DSC05259_20111115005600.jpg
モゼール!
これもかっこいい!
モゼールっつたらアワーレコードモデルが有名ですが、こちらのダイヤモンドフレームも良いですね。

DSC05254.jpg
ラグを使わず丁寧な溶接処理が素晴らしい。
イタリアのブーニョ選手が91年に乗っていたモノとのこと(ぶっちゃけよく知らないっス)。
この頃にはSTIがあったんですねぇ。

DSC05260.jpg
そして出ました。
永遠のあこがれ。コルナゴ、マスター(だよね?)
この美しい塗装はもはや芸術品。
ああ、ため息が漏れる。

DSC05263.jpg

DSC05264.jpg
いつかはこういう昔のコルナゴらしい塗装のマスターorC40あたりを手に入れたい・・・
もちろんトップチューブにはコルナゴ小僧が描いてあるヤツ。

という感じで私のサイクルモードは終了!

DSC05370.jpg
オマケ。
ダホンの昔のヤツ。

旧車好きな私としては、こういう昔の名車&珍車とかをもっと色々見たいですね~
新しいの見るよりも興奮するかも。

サイクルモードインターナショナル2011その2

DSC05328.jpg
サイクルモードのつづき!
ジャージコンテストでみつけたBRSジャージ。
普通に欲しい。
そに子ジャージも発表されていたようですが、結局見つかりませんでした。

DSC05361.jpg
DE ROSAのアイドル。
配色、デザイン、名前、すべてが狂っているGUYキチ自転車。
でも不思議とかっこいい。

DSC05363.jpg
DE ROSAのチタンロード。
チタンの鈍い輝きと細身のトライアングルフレームがステキ過ぎる。
個人的なデザインの好みは、大胆なエアロフレームかオールドスクールな細身のホリゾンタルに二分されます。
どちらにも良さがある!

DSC05344.jpg
BOMAのREFALE。
BOMAはとにかくデザインが洗練されていますね。
工業製品的なデザインの洗練さに関してはBOMAかBMCが個人的に二強。

DSC05342.jpg
こちらのシクロクロスもかっこいい!
つうか、最近シクロクロス車の事が気になっててヤバイ。
もう自転車を買うお金もスペースも無いのに・・・

DSC05313.jpg
チタンにこだわった自転車を作り続けているTIGさんのクラシックフルチタンロード。
コンセプトモデルらしいですが、激烈にカッコイイですねぇ・・・
チタンの輝きってほんと独特です。

DSC05323.jpg
試乗させてもらったチタンシクロクロス。
あえて段差のある所を走ったりしましたが、振動吸収性はかなり高かったですね。
まあカーボンフォークのせいかも。
んん欲しいぞ。

他のメーカーでもチタンモデルを結構全面に押し出している所がありましたが、もしかして流行りだしてる?
復権?

DSC05334.jpg
と、ここで『弱虫ペダル』原作者の渡辺航先生のトークショー開始。
とても話し上手な方で感心しました。

マネージャーの幹を活躍させようとしても編集さんに覆されたり、話の流れ上他のキャラが代わりになったり(ビンディングを渡す役目は本当は幹だったらしい)と活躍を全然させられない事や、御堂筋君が登場直前までイケメン設定だった事。幻の金城の姉ちゃんなど裏話がとても面白かったっす。

DSC05339.jpg
最後はホワイトボードにキャラクターを描くサービスまで。
素晴らしい!

さらに続きます。

サイクルモードインターナショナル2011

DSC05195.jpg
サイクルモードに行ってきましたー
ってことで画像をUpしたり!
あ、文章は超適当なので注意してくださいね。
気の利いた試乗レポとかも無いっすよ。
乗り味なんてわかんねぇし!

DSC05201.jpg
まずはコルナゴブース。
普通にコルナゴさんが居てカタログを購入した人にサインをしていました。
コルナゴ乗りの自分ですが、もちろん華麗にスルー。

画像のはC59のイタリア統一150周年だかなんだかのモデル。

DSC05205.jpg
こちらはコルナゴのTTバイク「FLIGHT」。
なんかウネウネしているのが実にコルナゴらしくない感じ。
んー。個人的にはあまり好きなラインじゃないなー

DSC05208.jpg
初試乗はマスターさん。
カーボン待ちの試乗行列なの意外にあっさり乗れました。
乗り味はまあ・・・長距離乗らないとよくわかんないよねーって感じ。

まあとにかくいつの日かほしいぜ・・・

DSC05226.jpg
ルック車でお馴染みのLOOK。
こちらは売上の一部が震災義援金になるという特別モデルの695。
なかなか勇気が試されるデザイン。

DSC05228.jpg
DSC05230.jpg
日本での販売が復活したプジョー。
やっぱセンスがシャレオツな感じっす。
特に下のラグ組みのカーボン車はかっこいい!
モノコックが当たり前の時代なんで逆に目立ちますね。

DSC05284.jpg
トレックブースでは今回もカスタムグラフィックモデルの展示。

DSC05285.jpg
このSpeed Concept、めちゃくちゃかっこいいなぁー
やっぱトレックのこういうセンスは凄いと思う。

DSC05288.jpg
スパルタカスとか。
むねアツ!

DSC05346.jpg
dedacciaiのテメラリオ。
フレームのトライアングルがとてもふつくしい。
トップチューブがホリゾンタルってところがいい。

DSC05357.jpg
serveloのs5。
ケーブル類がフレームの中に入っているという収納名人的自転車。

エアロロードがブームなんですかね。
いやエアロ形状とても好きなんで嬉しいんですがね。
まあ買う訳じゃないからどうでもいいや。

DSC05354.jpg
うわーケストレルだ!
かっこいーーーー
ケストレルかっこいいよーーー
やっぱカーボンTTバイクっつったらケストレルっすよね。
あーほしいなーーーー

こちらのモデル(電デュラリミテッドモデル)はお値段1,029,000円。
買えるか!

その後105モデルが36万円台と聞いて安い!と思ってしまった自分は既に自転車脳。

長くなって来たので次回に続く・・・

富士ヒルクライム

110612_064746.jpg
富士ヒルクラ。
前日の夜に雨が降りだしたときは終了かと思っちゃいましたがなんとか雨にならずにすみました。

つうかむしろ涼しくて快適!
少し寒くてお腹壊し気味でしたが・・・

110612_094204.jpg
結局7時38分にスタートしてゴールは9時半。
サイコン上だとだいたい1時間53分くらいでした。
丁度平均くらいかな?

試走ではどうなるかと思いましたが、試走した分ペース配分を考える事ができたのでかなり楽に登ることができました。
もう少し体を追い込めばあと5分くらいは早くなってたかなー

110612_095227.jpg
ヒルクライムのレース自体始めてだったのですが、ひとりで登るのとは違う楽しさがありますねー
結構長い時間登ってると飽きちゃうんですが、まわりの人を見てるだけでも飽きないので、いい退屈しのぎになりますw

とても楽しかったので来年も是非参加したいですねー
次は40分を切りたい・・・

富士山試走

DSC04330.jpg
この間の土曜日、富士ヒルクライム前に一度は試走に行かないとなーって事で富士吉田駅まで輪行。
富士吉田に輪行でやってきたのは実に二年ぶり。
もう少しで富士吉田から富士山駅というド直球な駅名に変わるそうで・・・

DSC04337.jpg
富士スバルラインまでえっちらおっちら緩めの坂を登ります。
晴天で富士山がまるで風呂屋の壁のようにくっきり見えます。

DSC04342.jpg
ええやん・・・ステキやん・・・

DSC04345.jpg
泊まる宿を確認した後スバルラインに突入!
スタート地点の富士北麓公園までも結構な坂道なんですけど・・・

DSC04397.jpg
やっとスバルラインの料金所に到着。
はっきりいってもう帰りたくなってきた。
公園に売店くらいあるだろうとタカをくくってて補給品を何も持ってないのもイタイ。
すでに若干お腹減っていたけど、いまからもどるのも面倒って事で突入。
この判断が甘かった。

DSC04351.jpg
予想以上に坂はキツイが割と順調に二合目まで到達。
今回の目標タイムは2時間。
なんとか行けそうなペースだったので(私にしては)ガリガリ漕いでると、突然左ふくらはぎに激痛が!
いわゆるこむらがえり?
落車こそしなかったものの初めての事でちょっとパニックになりました。
5分くらい休憩してなんとか脚動かせるようになったので再度登りだしましたが、当然以前のようにトルクかけて登れません・・・

お腹も減ったし、水もなくなり本格的に下山したくなる・・・

DSC04355.jpg
それでもなんとか三合目を越え、しばらくすると大沢駐車場の看板。
そこにはコーヒーカップのマークが・・・
迷う事なくパーキングに立ち寄り、ジュースとフランクフルトを購入。
なんとか息を吹き返す。
この辺でタイムとかどうでもいいやーっと自暴自棄に。

DSC04362.jpg
四合目をすぎたあたりからやっと富士山山頂が顔を見せ始め、気分も少しよくなる。
つうかスバルラインって四合目まで富士山どころか、まったく見晴らしの良い所無いんですね。
四合目まではただただしんどいだけの道です・・・

DSC04366.jpg
話に聞いていたほぼフラットな所にやっと到達。
といっても脚が完全に無くなっているので20km/hくらいしか出ません。

DSC04373.jpg
最後の“斜度的には大したこと無いが20km登ってきた体にとっては激坂”をゼェゼェしながら越えてなんとかゴール。
ホントしんどくて、ゴール後しばらく動けませんでした。
初心者向けのヒルクラって謳ってますが、和田やヤビツや柳沢峠なんかよりはるかにしんどいぞ♪コノヤロウ
斜度はないけどやっぱり24km以上坂が続くってのはなかなかヘビィです。

DSC04388.jpg
しかし景色は最高!
天気も良いので山頂がバッチリ拝めます。

DSC04377.jpg
DSC04394.jpg
消費したカロリーを取り戻すかのようにアイスを食ったり、カレーを食ったりする。
完全にお釣りが来てますね。

DSC04390.jpg
しばらくくつろいだあと辰兄ィに別れを告げて下山。
五合目で漬物を売る彼の商魂逞しさには脱帽です。

DSC04400.jpg
富士吉田を越え、富士みちを下って一気に大月まで。
ここで輪行で帰路に。


トータル100キロ足らず。
まあ殆ど下りだったりしますが。

肝心のスバルラインのタイムは足つったり、パーキングで10分くらい休憩したりしたので散々。2時間20分くらいかかったかも。
本番の目標を2時間切りから脚付き無しの完走に変えると心に誓った週末でした。
« Previous Page Next Page »

つぶやき

    follow me on Twitter

    プロフィール

    Author:チョムチョム
    廃墟とかイラストとか自転車とかドールとか雑多な趣味を持つ永遠の中学生。

    リンクフリー、超フリー。

    ●メアド
    chomchom○etude.ocn.ne.jp
    ○=@
    ●mixi
    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=49209
    ↑放置気味。写真とか置いてます。
    ●pixiv
    チョム男で検索すると出てくるかと

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。